モルモットの庭

モルモットの飼育あれこれ試行錯誤の軌跡

モルモットのフンを堆肥化できるか

タイトルでお察しとは思いますが、大切だけどお汚いワードが頻発します。

お食事中やお嫌いな方はご注意ください。

 

 

牛フン、鶏フン、馬フン・・・共通することは何でしょう?

 

そうです

堆肥として農業や園芸で活用されている点です。

(人フンもですが。。)

 

堆肥(たいひ)とは

有機物を微生物によって完全に分解した肥料のこと。有機資材(有機肥料)と同義で用いられる場合もあるが、有機資材は易分解性有機が未分解の有機物残渣も含むのに対し、堆肥は易分解性有機物を完全に分解したものを指す。(wikipediaより)

 

草食動物のフンからは良質な堆肥ができるのだと思います。

 

ならば!

 

草食動物モルちゃんのフンからも、きっと良質な堆肥ができるはず!

 

毎日ものすごい量のフンが生産されているのですからこんな資源を使わない手はない!

(うんちの量を見てみたい(?)かた用に準備しました↓ )

molgarden.hatenablog.com

 

 

でもどうやって作るんだろう?

 

もるにわは、会社員時代は生ごみ処理機の開発に携わっていたことがあって、

その関連で、試しに生ごみ堆肥を段ボールで作ってみることにトライしたことはあります。

ダンボーコンポスト」と言います。

 

でもでも・・・動物のフンで何かを作ったことはないです。

(あったほうが珍しいですよね)

 

できるんだろうか?

 

加熱殺菌が必要だったりして?

 

小動物の糞で堆肥を作っている方・・・調べてみました。

 

うさぎさんのフンをそのまま削ったものをパラパラとまいて樹木の肥料にしている方は見かけましたが、厳密には堆肥ではないですね。

小動物のふんを堆肥にしてまで作っている方は簡単には見当たらなかったです。

犬猫のふんでやりたいと考えている方は多いみたいですが。

 

家畜のふんの場合ですが、小規模での作り方は大雑把に言うと

稲わらと糞を混ぜて含水率が適当になるようにしたのを積み上げてビニールをかぶせて発酵させるようです。

発酵の過程で温度が60℃ほどになるそうです。

 

うーーーん、これを住宅地でするとなると。。。

稲わらの代わりにチモシーでできるとして。

匂いもするでしょうし、高温も怖い。

 

きっとがんばればモルモットのフンでも堆肥はできるでしょう。

 

でも。。。

今回は堆肥化は諦めます。

 

実のない文章ですみません。 

 

腐葉土に混ぜてみるだけならやれそうだけど、

完熟堆肥じゃないとあんまり意味がないのかもね。

 

これまでに住宅地でやってみられた方がいらっしゃったら、ぜひレクチャーお願いします。

f:id:molgarden:20190320144122j:plain

ムシャムシャ・・・うまうま~!!