モルモットの庭

モルモットの飼育にまつわるあれこれをゆるーく書いています

モルモットの味覚は飽き性

 先日、大量買いしていたチモシーを急に食べなくなったというお話を書きました。

molgarden.hatenablog.com

 あれからなんとなく理由がわかりました。

 

それはズバリ、

【モルモットの味覚は飽き性だから!】

です。

 

野菜でも同じ種類のものが続くと、食いつきが悪くなって急に食べなくなったりします。チモシーもそうかなと思うのです。

 

あれから、我が家のチモシーは大量買いをせずに、

色々なメーカーの色々なチモシーを順繰りに与えるようにしています。

 

そうすると、1袋なくなるかなという頃にはすでに飽きてきているので、

少し違う柔らかさやメーカー違いの物を挟んだり混ぜたりして、味にバリエーションをもたせてあげると、気分転換になるのか、あまり残さずに食べてくれるようになりました。

 

1.基本のチモシー コスパ重視

単価の安さと食いつきからこちらをベースに与えています。

ハーブのにおいがするのかただのチモシーとは違いがわかるんですかね。

短くカットされているので、お皿に入れるなどしないとロスがすごいです。

小動物の牧草 健康チモシー(900g)【小動物の牧草】

価格:495円
(2020/1/10 12:21時点)

 

大容量もあるようです。

 

それがこちら!
f:id:molgarden:20200115081238j:image

たまに穂が長いのも入っていてラッキー♪

 

 

2.柔らかいチモシー

 前回もご紹介したものです。

ハイペット パスチャーチモシーソフト 400g

価格:515円
(2020/1/10 12:30時点)

特にもっちはやわらかいのが好きなようで、好んで食べます。

単価がお高めなので、こればかりにせず

基本のチモシーを9割にこちらを1割ほど混ぜてあげています。

 

それがこちら!
f:id:molgarden:20200115081255j:image

柔らかいからか食い付きが違います。

(ヒーターに乗せてしまってお行儀悪かったですね・・・)

 

 

3.たまにはさむ普通のチモシー

普通のチモシーですが基本のチモシーよりはロングタイプで、良い気分転換になっているようなので基本のが終わると次はこちらに切り替えたりしています。

 

 

人間でもずっと同じおかずが続くと飽きますが、

モルモットも主食とはいえど、繊細な味覚の持ち主なのだなと感じます。

 

食べないなー、飽きてるなーと思ったら、いつもと違うチモシーに変えてみるのも手かもしれませんね。